セ・キララ編集部

「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~
著:美波はるこ

「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~

信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。 ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。 平静を装い「結構です……」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ……と内心グッタリ。 男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!? 降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!

  • 信濃千代

    (しなのちよ)

    平和な日常を愛するOL。やんごとなき、お城の『姫様』に迎えいれられたことから普通の暮らしが一変してしまう。

  • 古賀政永

    (こがまさなが)

    世界的企業の若きトップ。千代を『姫』とたてまつるが、なにか裏がありそうで……!?

  • 葦切

    (よしきり)

    姫である千代の下で働く密偵。「犬とお呼びください」。

  • コミックシーモア
  • Renta
  • BookLive
  • ブックパス
  • Yahoo!ブックストア
  • 読書のお時間です
  • 楽天マンガ
  • めちゃコミック
  • コミなび

トップへ戻る