セ・キララ編集部

やわらかな愛でできている|~背徳のセブン☆セクシー~ 野獣オトコは本能むきだし?な2人 社内セフレ~しょせんかカラダの関係~ ラブしょ!~上司とわたしのセックス?ミッション~ えろ?めるへん かぐや姫

What's NEW

2017.10.4

2017年10月の新刊情報を更新しました!

2017年10月の最新作

あの、オフィス・ラブ的な!? 小桜深紅

あの、オフィス・ラブ的な!? 第4巻

著者:小桜深紅

恋も仕事も一生懸命なOLの水上奈緒(みなかみなお)。入社初日、先輩の有山さんに一目惚れ! アプローチしたいけれど初めての社会人生活に追われ、なかなか近づけるチャンスがない。そんなある日の就業後、人気の少ないオフィスでバッタリ! 思わず「好きです!」って告白したら「会社でセックスできる?」なんて、とんでもない質問されて!? 「指でイカせてあげるね。ここ、すごいあふれてるよ」「やぁっ、そんなに音たてないで……!」人気のない会議室で、くちゅくちゅいっぱいいじられる。好き。でも彼のほんとの気持ちがわからない。奈緒の心は……。ほか、オフィスで花開くラブストーリーの読み切り連作集。

えろ◆めるへん 眠れる森の美女~夢に犯された野ばら姫~ 伊河シキ

えろ◆めるへん 眠れる森の美女~夢に犯された野ばら姫~ 第1・2巻

著者:伊河シキ

魔女の呪いによって、野ばらのお城にひとり眠り続けるお姫様。イケメン王子の口(くち)づけで目覚めたけれど、自分の名前もわからない!? なのに突然、カラダの奥が疼(うず)き出し……。もっと触って、めちゃくちゃにして……お願い、助けて王子様!!「ああっ、だめ……こんなのダメ! 初めてなのにきもちいいっ」私いったいどうなっちゃうの? 『えろ◆めるへん 眠れる森の美女』シリーズ、待望のアナザーストーリー♪ 【独立したお話ですので当シリーズだけでもお楽しみ戴けます】

社内セフレ~しょせんはカラダの関係~ Three-Leaf

社内セフレ~しょせんはカラダの関係~ 第10巻

著者:Three-Leaf

日菜子(ひなこ)は商社のOL。会社の飲み会で女友だちと「体の相性」の話をしていたら、隣の部署のエリートイケメン・木曽に「確かめたいな」って誘われて!?「日菜子のここ、漏らしてるみたい……ぐちょぐちょだ」「やだぁっ、きもちいい……っ! おく……おくきてるっ」初めてなのに身体の相性は最高で、日菜子は木曽との激しいセックスにハマっていく。人気のない階段で、資料室で、強引に奪われて乱される。成り行きで始まった社内セフレは、バレちゃいけない秘密の関係。でも、いつしかふたりは身体だけじゃなく、心まで求めはじめてしまい……?

「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 美波はるこ

「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第3巻

著者:美波はるこ

信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!? 降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!

激しい愛の旋律であなたは私のすべてを奪う 深海ゆゆ

激しい愛の旋律であなたは私のすべてを奪う 第2巻

著者:深海ゆゆ

奈津(なつ)はイベント企画会社のOL。昔、別れた幼なじみで天才ピアニストの黒田雪広(くろだゆきひろ)を、心のどこかで引きずる日々を送っている。ある日、仕事先で雪広と再会した奈津。忘れようとしていたのに、一緒に飲むうち強引に押し切られセックスしてしまう。「どのへんが好き?……ここ? それとも奥?」「あーっ、だめ、だめえっ、そんなにしたらあぁっ」激しく奪われ、閉じ込めていた想いがあふれ出す。身体を熱くする繊細な指に、あの頃の気持ちがよみがえる。もし、もう一度あなたに愛されたなら……。なにもかもを奪い尽くそうとする雪広に奈津の心は?

やわらかな愛でできている~背徳のセブン☆セクシー~ 美波はるこ

やわらかな愛でできている~背徳のセブン☆セクシー~ 第8巻

著者:美波はるこ

鈴(すず)はオクテな女子大生。ある日、美貌の僧侶・藤堂の、花を抱えたきれいな笑顔にうっかり恋をしてしまう。あこがれが高じて、彼を自分の『かみさま』のように思い始めた鈴だったが、いとこの黒栄(くろえ)はシブい顔。遊び人だからやめなさい、と言われても鈴の気持ちはつのる一方。勇気を出して話しかけてはみたものの、藤堂は背徳の香りを漂わせ妖しい笑顔で……!? 「よければ僕がお教えしましょうか……あなたに男を」。「え……ええーっ!??」。見た目とウラハラ、禁断の色気に翻弄される鈴のピュアな恋心はいったいどうなる!?『背徳のセブン☆セクシー』第2章、やわらかな風に乗って、いま開幕♪
【本編は『背徳のセブン☆セクシー』の続編ですが、独立したお話ですので当シリーズだけでもお楽しみ戴けます】

各書店さんで好評配信中!

  • コミックシーモア
  • Renta
  • BookLive
  • ブックパス
  • Yahoo!ブックストア
  • 読書のお時間です
  • 楽天マンガ
  • めちゃコミック
  • コミなび

トップへ戻る